1. 「真夏の冷徹」 小説『レイト・サマー』第1章(前編)-あるオートガイネフィリアの物語-

1

私にはよく見る夢があった。

それは夢というより、まどろみの中で見る、ある種の抽象的なイメージといったほうがよいかもしれない。具体的なシーンの流れを伴わず、時間が滞ったように、ただ漠然とした像が私のイメージを包むのであった。

その夢の中では、私は幼い子供に戻っていた。そして、決まって私と同じ年恰好の少女が現れた。

私たちは裸のままの姿になって抱き合い、お互いの心臓の鼓動や息遣いを感じているのだ。私たちはただお互いの存在を感じ、永遠につづくかのような満ち足りた気分に満たされているのだった。

 その夢はある時は短く、また、あるときは長く夜明け前のまどろみの中に現れた。そして、決まって私の心の中に甘美な余韻と淡い感傷を残して去っていった。それを見た日の私はメランコリーを持て余しながら一日を過ごさざるを得なかった。

 ある夏の明け方のことだった。私はその日も同じような夢を見た。しかし、その日の夢は今までにないくらい長く続いた。そして、私は今までにない感覚を覚えた。それはまるで、夢の中の少女こそが私の真実で、彼女を目の前にしているはずの少年はうたかたの幻影であるかのような感じであった。

それは夢から醒めた後も長く私の意識に覆いかぶさっていた。

 

 その日の午後、私は仕事で取引先のとある町工場の社長室に居た。

社長室と言っても部屋は狭く、書類がうず高く積み上げられた社長のデスクと四人掛けの応接ソファーセットが奇跡的に納まっていた。もともと白であった壁のクロスは煙草のヤニで黄色く染まり、黒革のソファーのほころびからは、中のウレタンがはみ出していた。古い木目のエアコンがさして涼しくもない風を悪臭とともに吐き出だしていた。

脂ぎった初老の男が私と向かい合ったソファーに深く座っていた。彼はここの経営者だった。また、私のとなりで細身のスーツの青年がかしこまっていた。彼の名は水沢と言った。私の会社の営業社員で、商品の支払代金の回収に難渋していた。この日、私は彼にサポートを頼まれ、ここに同行していたのであった。

「今、丁度お金がないんだよね。悪いけどこの話はまた来月にしてくれる?」と男は言った。

「あの、社長、これで三回目なんですけど。こうやって、私たちが未払代金の回収にお伺いするのは。そろそろ払っていただけないでしょうか?お支払いただかないと、今お急ぎの地金の納入、ちょっと無理なんですけど」と水沢は言った。

「おいおい、参ったな。それは勘弁しれくれよ。それとこれとは話が別だろ?頼むよ水沢ちゃん」と社長は言った。「今開発中の新製品、それがないと出来ないんだからさ。今度のヤツは当たればデカいよ。期待してもらっていい。それに、納入してもらえないとなると、あれだよ、おたくへの支払ももっと遅れるかもしれないよ」

「いやぁ、それもちょっと」と水沢は困惑した声を上げた。

この役目はお人好しの好青年には無理であった。ここは私の出番であった。

「社長、『商品を提供しないとお金は返せない』とおっしゃられましても、それでは、『お金を返すにお金を貸してくれ』といっているのとあまり変わらないような気がいたしますが」と私は言った。

「君、言い方に随分トゲがあるね。何もそうとは言っていないだろう」と社長は不快な表情を浮かべながら言った。

「とにかく、今までの未払代金をなるべく早くお支払いただかないと、ご対応するのはちょっと」と水沢が口ごもりながら言った。

「そこをなんとか頼むよ。おたくとは数十年来の取引じゃないか?おたくが零細企業だったころからうちはモノを買ってるんだ。たまにはうちを助けたっていいだろう?」と社長は言った。

「それはそうなのですが」と言って水沢は言葉に詰まった。

 水沢は彼の上司から厳命を受けていた。何としてでも未払代金三百万円の支払の約束を何としてでも取り付けてくること、また、代金の回収がなければ次の商品の納入などあり得ない、と。上司の意思は会社の意思であった。会社員である以上、彼には社長の要求にこれ以上応じることなど出来なかった。かと言って、彼には老獪な経営者を一喝することもできないようだった。

 このままでは埒が明きそうになかったので、私が社長に強く出てみることにした。

「水沢君、もっときつく言ったほうがいいよ」と私は言った。「この方は我々をなめきっているようだ。債務不履行は、泥棒と同じだということを分らせてやったほうがいい」と私は水沢をたしなめた。

「君、今、何と言った?」と社長は言った。彼の表情は一変していた。「人を盗人呼ばわりするのかね?」

「何か私が間違ったことを言っていると?」と私は彼に言った。

「桐野君と言ったね。君は実に無礼極まりない男だ。私は何も払わないとは言っていない。ただ、来月まで待ってくれと言っているだけじゃないか?」

「我々はもう待てませんよ。ところで社長、この金銭準消費貸借契約書、公正証書ですよね。この意味分りますか?」

「はぁ?そんなものしらんよ。公正証書といってもただの紙切れだろう?」

「ご存じなかったかもしれないが、これは執行証書といって裁判なしで強制執行ができるんだ」と私は静かに言った。「代金が払えないと言うなら、何か金目のものを代わりにいただくしかないな」

「あんたも面白いこというね」と社長は私を嘲笑うように言った。「うちの会社に金目のものなんでありゃしないさ。あるとしたら、タダ同然のオンボロの生産設備だけだ。そんなものよそに売ってもはした金にしかならない。そして、うちの生産は完全に止まる。そうなればおたくの売掛債権は永久に返ってこない」

「私は別にあんな油まみれで汚い工作機が欲しいとは言ってませんよ」と私は彼に言った。

「他にうちに何があるというんだ」と社長は言った。

「社長、私が何の当てもなくこんなこと言っていると思ってらっしゃるのですが?私は知ってるんですよ。社長のデスクの引き出しに面白いものが入っているのを」と私は言った。

 社長の表情が変わった。「君の言う『面白いもの』って何だね?」

「あなたは長年お一人である合金素材の深絞り技法を研究されていましたね。深絞り技法自体は缶詰の缶の製造にも使われるありふれた工法だが、加工素材である合金が特殊だ。扱いがとても難しい。極めて剛強だが、加工中しているときに間違った方向に力が入ると簡単に割れてしまう。あなたはそれをミクロン単位でコントロールする方法を編み出した。そして、机の中にはその工法の詳細と研究データが記されたファイルが入っている。違いますか?」と私は彼の隠している事実を審らかにした。

 社長は無言で私を睨んでいた。彼の頭からは異常なまでの汗が噴き出していた。

「それだけではありません」と私は続けた。「作業場の一角に小さな小部屋がありますよね、役員待遇の幹部社員でさえ立ち入り禁止の。その工作台の上の段ボール箱の中には、秘密の工法で作られた試作品が無造作に入っている。そうですよね?」

「あんた、なぜそれを?」と社長は小さな声で言った。

「おたくの従業員から教えてもらいましたよ。彼らは沈没船から逃げ出そうとするネズミのようなものだ。何に出もすがりたがる。ちょっと我が社への採用話をちらつかせたんですよ『知ってることを話してくれたら、悪いようにはしない』ってね。すると、まあ、彼らの節操のないこと。この話を聞き出すのは訳もありませんでしたよ」

「それをしゃべったのはうちの誰だ」と社長は狼狽した表情で尋ねた。

「それは言えません。そういう約束ですので」と私は言った。「ところで、社長、長年の夢だった特許出願まであと一息なんでしょう?今や、アメリカのアプリコット社がスマートフォン次期モデルの筐体用にと社長の試作品に興味を示している。この技術を権利化すれば高値で売れるかもしれないのに。惜しいなぁ」

「えっ、あの、アプリコット社が!」と私のとなりで水沢が驚きの声を上げた。

「うちの社員が、そんなことまで」と社長は青ざめた表情で言った。

「社長の夢がめでたく成就するか、それとも、水の泡と消えるか。我々がその生殺与奪を握っているということですよ」と私は言った。

 彼はしばらく無言で染みだらけの天井を仰いでいた。そして、突然口を開いた。「駄目だ。俺の負けだ」

 彼はデスクの横の金庫に近づき、鍵を外して思い扉を開けた。金庫の中に札束の山があるのが見えた。

「えっ、あるじゃん」と水沢は呟いた。

社長はその札束のうちのを三本取り出した。そして、それを無造作に応接机の上に放り投げた。

「三百万、今ここで耳をそろえて払ってやるよ」と彼は言い捨てた。

「代金さえお支払いただければ、こちらとしては言うことはありません。今後とも良しなに」と私は言った。

「それを持ってとっとと帰ってくれ」と社長は我々に言った。「それと、あんたたちは今後、うちに出入り禁止だ。二度と来るな」

 私たちは足早に町工場を後にした。塩をまいとけ、という大きな声が背後から聞こえた。

 私と水沢は梅雨開けの日差しの眩しさに目を細めながら、駅に向かって町工場が連なる一帯を歩いた。スレート葺きの建物のあちこちから流れ出る無機質な機械音と蝉のけたたましい鳴き声が絡み合いながら私たちにまとわりついているようだった。

「先輩、今日はありがとうございました」と水沢が私に礼を言った。

「いいよ、前の仕事で慣れているから」と私はネクタイを緩めながら彼に言った。

 今の会社では、この手の債権回収は私の本来的な業務ではなかった。しかし、他にできる者もいなかったので、半ば私が担当のようになっていた。

「ところで」と水沢は言った。「あのタコみたいな社長の会社には特許になるようなすごい技術が眠ってるんですね。私、気付きませんでしたよ」

「すごい技術?さあどうかな」と私は彼に言った。

「えっ、だって、さっき権利化の話をしてましたよね?特許になる見込みがあるんじゃなかったんですか?」

「見込み?そんなものないよ。あれは出まかせだよ」

「そうなんですか?」

「まあ、工夫したら特許が取れなくもないだろうけど、あの程度の技術なら、普通は無理だね。それに少なくとも日本国内じゃ、製法の特許なんて役に立たないよ。特許侵害で訴えようにも、相手の会社の製造ラインに不法侵入でもしないかぎり証拠なんて手に入らないぜ」

「じゃあ、アプリコット社が興味を示しているって話も?」

「それは、全くの嘘じゃないけど、あそこの取引契約は業界で『悪魔の契約』って呼ばれてるのは知っているか?」

「どういうことです?」

「品質要求のレベルが病的に高い。しかも、契約に反するような不良品を出せば多額の違約金を払わなければならない。それが払えずに結果的に買収された日系企業はいくらでもある。アプリコット社の真のねらいは会社ごと技術を安く買い叩くことだ。あの会社もいずれ身売りせざるを得なくなるだろうね」

「そうだったんですね」

「虎の子の技術の特許化も難しいし、取引の話も罠のような話だ。いずれにせよ、あの会社の未来はそう明るくない。まあ、今日はいただくものはいただいた。我々としては言うことはないじゃないか」

 歩きながら話しているうちに、我々は快速電車の止まらない小さな駅の近くにたどり着いた。昼下がりの駅前は幾分人がまばらだった。

「先輩、どうですか、そこのそば屋で遅い昼飯でも」と水沢が言った。

「ごめん、悪いけど、先に会社に戻るよ。仕事が溜まってるんでね」と私は彼に言った。

「そうですか、すみません、お忙しいところ無理を言ってしまったようで」と彼は言った。

「いいよ、気にしなくて」とだけ言って、私は彼とここで別れた。

英語翻訳家、哲学・精神文化研究家、四柱推命・西洋占星術研究家、性多様性研究家、クロスドレッサー、元グラフィックデザイナー、自己探求家。 趣味で小説も書いています。 最近は、仏教と現代物理学の関連について研究しています。 それと、猫やコツメカワウソの動画を見て、ホッコリするのが好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です