四柱推命との出会い

以前にもお話しましたが、

私は、夢破れて着の身着のまま、

都会から故郷に帰ってきました。

30歳になる少し前のことでした。

 

しばらく、疲れた心身を休めながら、

無職生活を送りました。

 

当時は、未来への不安を抱えながら、

将来の方向性を模索する時期でもありました。

 

月に一度、回向に見えられていたことが縁で、

実家の菩提寺の住職によく人生相談をしていました。

 

また、住職に運命鑑定もよくしてもらっていました。

その鑑定理論は四柱推命でした。

 

その鑑定結果にはいつも納得できるものがありました。

もともと、私は占いが好きだったのですが、

四柱推命の背景にある哲学性に惹かれて、

いつの間にか、住職から鑑定の初歩を学ぶようになっていました。

そして、自分でも研究するようになっていました。

 

これが、私と四柱推命との出会いでした。

 

私は今でも、人生の羅針盤として、

この四柱推命をいつも重用しています。

 

ちなみに、四柱推命は「占いの王様」と呼ばれており、

他の占いの追随を許さない奥の深さがあります。

あの、有名な六星占術も四柱推命の理論の一部を

アレンジしたものに過ぎません。

 

しかし、ある程度運命が読めるようになるには、

それなりに試行錯誤が必要でした。

専門書を読めば、なんとなく傾向はつかめるのですが、

いつも、モヤモヤした感じが残りました。

 

「結局なんだか分らない」とさじを投げそうになったとき、

一冊の専門書の専門書に出会います。

 

それは、故・武田考玄先生の

『未来予知学としての四柱推命入門』でした。

 

この本の内容は中上級者向けにはなるのですが、

空亡や吉凶神といったよくわからない要素を一切排除し、

天干・地支のパワーバランスを定量的に表していました。

アプローチが現代的で画期的です。

 

この一冊により、私の四柱推命研究の

次元が上がったような気がします。

また、本当の四柱推命に

初めて触れたのではないかとも思います。

 

忙しくなった今でも、暇を見つけて研究を進めていますが、

独自の観点による鑑定理論を学んでいます。

今、私が学んでいるのは、八島高明先生の「琉球四柱推命」です。

この「琉球四柱推命」は、スピリチュアル的な理解による理論としては、

多分、唯一のものになるかと思います。

 

その性格分析は白眉です。

もしかしたら、医学的な精神鑑定よりも

直観的でわかりやすいかもしれません。

 

リンクをはっておきますので、

興味のある方はどうぞ。

 

今日は、四柱推命との出会いの話でした。

英語翻訳家、哲学・精神文化研究家、四柱推命・西洋占星術研究家、性多様性研究家、クロスドレッサー、元グラフィックデザイナー、自己探求家。 趣味で小説も書いています。 最近は、仏教と現代物理学の関連について研究しています。 それと、猫やコツメカワウソの動画を見て、ホッコリするのが好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です