私のオートガイネフィリア考(1)

みなさん、こんにちは。
今日は、性の問題に関わることについてお話しいたします。

ところで、「オートガイネフィリア」という言葉をご存知でしょうか?よく女装愛好家の間で「AG」というふうに略されて呼ばれていますが、簡単に言えば、「女装した自分に性的興奮する人」、「自分の女らしさに性的興奮する人」です。

私は、今では性的なものにほとんど関心がなくなってしまいましたが、かつてはこのAGに分類されてもおかしくない存在でした。

ちなみにウィキペディアでは、次のように説明されています。

オートガイネフィリア(Autogynephilia)とは、男性が自身を女性だと思うことにより性的興奮するパラフィリアの一種。

「パラフィリア」とは、「性的倒錯」と訳されます。簡単に言えば、「変態」ということです。

しかし、私には、この解釈に誤解と偏見があるように思えてなりません。

もともと、「オートガイネフィリア」とは、1989年の性科学者Blanchardの研究論文で性転換者がどちらの性を好きになるかという行動モデルを説明するために定義された用語です。

しかし、この論文では性的倒錯性の議論を展開しているわけではないようです。私が論文を見る限り、性別違和感を感じる男性の中で、自己の女性化イメージにより性的興奮する人たちと、そうでないない人たちに見られる傾向の差を、統計的データで無機質に分析しているだけのようです。

AG、イコール変質者という図式は、世間の無理解と偏見が作り出したもののように思えます。

しかも、AGは、「LGBT」の側からも嫌がれれる傾向があるように思えます。具体的に言えば、LGBTの「特権階級者」である性同一性障害の人たちからは、「変態と一緒にしないで」と思われがちです。AGはLGBTの仲間にも入れてもらえません。私に言わせれば、性同一性障害とAGの本質的な差はないのですが(これについては、また、別の回でお話しします)。

たしかに、AGが、一部の者の行き過ぎた行動(女子トイレに不法侵入するなど)により、ネガティブなイメージを持たれていることは事実です。

しかし、大多数のAGは、公序良俗を尊重する良識人ですし、ましてや、法を犯してまで欲望を満たそうとは思っていません。そんなことをすれば大きな代償を支払うことになるのは誰でも理解しています。

私は、AGがそれほどおかしな存在ではないということをこれから申し上げていきたいと思います。

今日は、まず、「AGとは何か?」というところからお話しいたしましたが、次回は、AGの心理面について掘り下げてみたいと思います。

 

英語翻訳家、哲学・精神文化研究家、四柱推命・西洋占星術研究家、性多様性研究家、クロスドレッサー、元グラフィックデザイナー、自己探求家。 趣味で小説も書いています。 最近は、仏教と現代物理学の関連について研究しています。 それと、猫やコツメカワウソの動画を見て、ホッコリするのが好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です